エッサム営業マン 安達 裕己のブログ
安達 裕己 ブログAI(artificial intelligence)

公開日 : 2016年08月25日

AI(artificial intelligence)

少し昔に子供の出来ない夫婦がさびしさを人工知能の子供型ロボットにもとめる

スティーブンスピルバーグの映画「A.I.」という映画がありました。

人工知能で対話をしてロボットが感情を表現するなんてまだまだ先のように思いながら見たものです。

 

それから人工知能はどんどん発達しいまや人間の知能をしのぎ、

将棋やチェス囲碁などで人間を打ち負かすまでになりました。

 

知らない間に人工知能はもっと発展していきます。

スマートフォンで使われるgoogleのandroid OSや appleのsiriなどは

対話によって命令を判別し反応できるほどとなりました。

最近ではIBMの開発したAIである「WATSON」が人間の医師が特定できなかった病名を特定し

治療の効果を挙げたというニュースが世界中で知れ渡りました。

 

さてこのAIこれからどれだけ発展するのでしょう??

ドラえもんが出来るまで??

ターミネーターが開発されるようになるまで?

 

想像してみると人間の社会では産業革命以後機械によっていろんな仕事を奪われた人

機械化したことで利益を独占、集中できた人がいたはずです。

その時代から今日に至るまで、機械化、ネット化することで人という経費はどんどん削られてきています。

 

人工知能は今後どれだけの仕事を奪っていき、どれだけの利益をもたらすのでしょうか?

人間という種は発展するAIやロボットの前でどれだけ生き残っていけるのでしょうか?

 

いつか人間がAIによって完全管理されるようになるかもしれませんね。

ひょっとしたら上司がAIになる日も近いかも・・・

 

 

 

 

 


ページトップへ戻る▲